《藤沢》見落としがちな不調の要因

こんにちは、

あなたは右利きでしょうか?
それとも左利きでしょうか?

パソコンのキーを打つ時、利き手と反対側の
薬指や小指のタイピングは難しく感じますが、
不思議と慣れてしまいます。

楽器を初めて使う時も同様に最初は違和感を
感じますがこれも不思議と慣れてしまいます。

手の動きと反対側の脳同士は常に情報のやりとりを
しているのですが、私たちは特に意識をしなくても
動かす事ができる様になります。

これは脳が記憶の更新を繰り返す事で
潜在意識としてインプットしていくからなのですが、

例えば言語機能は左脳が担当し、
音や映像は右脳が担当しています。

右利きだからといって左脳ばかりを使っていれば、
情報処理能力のバランスも偏ってしまいます。

鶏が先か、卵が先か・・・の話ではありませんが、

「左右バランス良く使っているよ」と思っていても
日常生活で身体の使い方が左右どちらかに偏っていれば
頭痛や肩こり、めまいなどの不調が起きます。

脳が身体に信号を送信しているのと同じく
身体の動きも信号として脳へ送信しています。

つまり、身体の使い方が左右で偏ったまま
生活をし繰り返しその信号が脳へと伝わると、

脳は『正常な基準値』としてデータを書き換え
偏った情報を記憶してしまいます。

つまり、頭痛や肩こり、めまいなどの身体の
不調を整えるには『脳のデータ』を正常に戻す事が
重要になります。

『前庭バランス調整法』では身体の不安な箇所を
改善するためにいきなり施術から始めるのではなく、

まずは状態のテストをして左右の大脳バランスの
具合を見ながら段階的に施術をしていきますので
通常よりも根本的な部分からの改善が期待できます。

今まで他の整骨院、整体院、カイロプラティックなどを
試しても症状が改善されなかった方は、

1人1人の不調の根本的な箇所から向き合う
『前庭バランス調整法』を試してはいかがでしょうか。

P.S.

《あなたにこの様な悩みはありませんか?》

・慢性的な疲労感やダルさを感じる。
・思い当たることもなく不安や焦燥感を覚える。
・歯科医院や口腔外科で改善しなかった顎関節の痛みがある
・胃腸の調子が悪い
・めまいやふらつきがある
・自律神経失調症や鬱で薬を飲んでいるが良くならない。
・心臓に異常がないにも関わらず動悸がする。
・慢性的なアレルギー症状がある。
・お子さんの調子が悪く、週に何日か休んでしまう。
・慢性的に頭痛、首の痛みが出る。

など、もし1つでも心当たりがあるのなら
お気軽にご相談くださいませ。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

関連記事

  1. 《藤沢》バランステストの感想を頂きました。

  2. 《藤沢》健康な身体は脳のバランスから

  3. 《藤沢》貴方らしさを引き出すバランス調整

  4. 《藤沢》身体の不調に実感『前庭バランス調整法』

  5. 《藤沢》『前庭バランス調整法』誕生秘話①

  6. 《藤沢》身体にとって脳の不都合な勘違い

最近の記事

PAGE TOP