《藤沢》バランス感覚と骨盤の歪みの関係

こんにちは、

新年といえば箱根駅伝、これをみないと
正月を迎えた気になれない、、という人も
多いのではないでしょうか。

毎年新たな感動を届けてくれますが、そんななか、
私の周りでもラン二ングをする人が増えました。

私の知人から聞いた話ですが、
普段は「雪駄」を履いているそうです。

本当は下駄を履き、バランス感覚を養うそうですが、
流石に「カランコロン」と、ゲゲゲの〜とか
言われかねないので雪駄にしたそうです。

合氣道をしている友人も「つま先の感覚が大切だ」
といい、雪駄を愛用しています。

知人曰く、ランニングやテニスでも瞬発力が
必要な時は必ず「つま先1点立ちしている」と言います。

『べた足』で階段を登るととても疲れます、、。
普段駅など階段を上る時も「つま先」に
力が入っているので意識をしてみるとわかりますよ。

そのうえで、日本人は後傾姿勢の方も多くその為に、
カカト重心で骨盤も歪んでいる方が多いのです。

さらに、デスクワークやスマホの使用も多くなり、
不自然な姿勢をする事で骨盤の歪みに
拍車をかけているのが現状ではないでしょうか。

最初は違和感を感じても、それが日常的な姿勢になると
脳は身体が歪んだ状態を正常値として判断し、
脳の記憶データを書き換えてしまいます。

しかし、感覚的には正常だと認識しても肉体的には
負担がかかったままなので関節の痛みや頭痛、肩こり、
腰痛といった症状になって出てきます。

また、直接な原因もわかりにくい為、症状を和らげる
マッサージに頼っても元に戻ってしまった、、という
経験はないでしょうか。

では、どうしたら良いのかというと、
脳のデータを正常な状態へ書き換えなおし、
そのうえで骨盤の歪みも改善していく必要があります。

そこで有望な方法が1人1人の
不調と向き合って25年以上の実績から生み出した
「前庭バランス調整法」です。

今まで他の整骨院、整体院、カイロプラティックなどを
試しても症状が改善されなかった方や、

・慢性的な疲労感やダルさを感じる。
・思い当たることもなく不安や焦燥感を覚える。
・歯科医院や口腔外科で改善しなかった顎関節の痛みがある
・胃腸の調子が悪い
・めまいやふらつきがある
・自律神経失調症や鬱で薬を飲んでいるが良くならない。
・心臓に異常がないにも関わらず動悸がする。
・慢性的なアレルギー症状がある。
・お子さんの調子が悪く、週に何日か休んでしまう。
・慢性的に頭痛、首の痛みが出る。

など、もし1つでも心当たりがあるのなら、まずは、
無料テストでチェックしてみてはいかがでしょうか?

ご相談などお待ちしておりますので
お気軽にお問い合わせください。

今年も良い1年をお過ごしください。
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

関連記事

  1. 《藤沢》アスリート達の意外な落とし穴

  2. 《藤沢》ご存知ですか?「前庭バランス調整法」

  3. 《藤沢》酒に酔っても乗り物では酔いたくない方へ

  4. 《藤沢》『前庭バランス調整法』誕生秘話①

  5. 《藤沢》前庭バランス調整で毎日が変わる

  6. 《藤沢》見落としがちな不調の要因

最近の記事

PAGE TOP